2008年10月02日

レディースキャッシング

先に述べた低金利キャッシングのほかにはどのようなキャッシングがあるのでしょうか。
次に紹介するのは、レディースキャッシングというものです。

レディースキャッシングとは、女性を対象に資金の融資を行う女性専用のキャッシングサービスです。
友人の結婚式が続いて現金が必要、今月はお付き合いが続いて出費が増えそう、子供の習い事で急な出費があるなどさまざまなケースがありますが、このようなときに女性の助けとなるキャッシングです。

キャッシングが浸透して利用者が増加しているとは言え、女性がキャッシングを利用するというのは抵抗があるものです。
そのような女性にも抵抗なくキャッシングを利用してもらえるよう、レディースキャッシングでは細やかなケアがされています。

対面では抵抗がある人のためには来店不要でインターネットのみの取引き、融資・返済は銀行振り込み、対面の場合には担当者は女性というようなサービスが提供されています。

サービス内容は企業によって異なりますので、各社サービスを比較して自分に合ったところを選択すると良いでしょう。

キャッシング・ローン原論
http://kyasshingu.info/
posted by キャッシング基本研究家 at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生ローン

これまで、さまざまなキャッシングサービスを見てきましたが、キャッシングを利用するためには審査が必要で、審査に通らないと資金の融資を受けることができません。

個人の信用という意味で、会社員などは固定収入があり、審査も通りやすいと思いますが、学生についてはどうでしょうか。
学生でも、教材を購入するときなど急に資金が必要になることがありますが、学生は職業を持っていないため収入はありません。

アルバイトをしている学生でも、毎月決まった収入があるわけではありません。
このように普通のキャッシングサービスを受けることができない学生向けに提供されているのが学生ローンです。

学生対象ということで融資限度額はあまり高くありませんが、他のキャッシングと比較して金利が低めに設定されており、学割利率で利用できる点がメリットです。

また、返済方法も借り手の都合に合わせて選択できるので、不安定なアルバイト収入でも利用しやすいといえます。
posted by キャッシング基本研究家 at 08:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

無利息キャッシング

キャッシングを利用する場合、必ず借りたお金に利息分を上乗せした金額を返済することになります。

借り手は金利がどの程度になるのかを考えながらキャッシングを利用していますが、実は金利がかからない無利息キャッシングもあるのです。
金利がゼロと言っても借りてから返済が終了するまでずっとというわけではありません。

無利息キャッシングとは、ある一定期間は金利ゼロで借入ができるというサービスです。
例えば、10日間の無利息サービスを提供している会社でキャッシングを利用した場合、借入後10日以内に全額返済すれば、借り手は利息を支払う必要はありません。

もしこの適用期間10日を過ぎて返済する場合には、適用期間を過ぎた部分の日数分の利息を支払います。
この無利息サービスの適用期間は、会社によって異なりますので利用する際には事前に各社を比較しておくと良いでしょう。
posted by キャッシング基本研究家 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシング限度額

今まで見てきた中で、キャッシングには融資限度額があるということは分かったと思います。

キャッシングを利用する際には審査がありますが、審査を通ればいくらでも融資を受けられるというわけではありません。
どのキャッシングサービスを利用する場合でも、かならず融資額の上限が設けられているのです。

一般的に、キャッシングで借りることのできる資金の限度額は50万円以下に設定されています。
もちろん利用するキャッシングサービスや審査の状況によって金額は変わってきます。

ある会社では同じ条件で20万円融資を受けることができたとしても、他社では10万円であったり30万円であったりするのです。
また、返済実績によっては、その後の限度額が増減することがあります。

きちんと返済をしていれば、当初10万円だった限度額が20万円、30万円と増えていくのです。
posted by キャッシング基本研究家 at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

キャッシングまでの流れ

キャッシングについて、特性や企業の説明をしてきました。
特性や企業をよく調査して、自分に合ったキャッシングサービスを利用するわけですが、実際にキャッシングを利用する場合、どのような手順で融資を受けることができるのでしょうか。

まずは、自分の目的に合わせて金融機関と商品を選びます。
各社多種多様な商品を提供しているのでしっかり比較して一番良いものを探します。

商品が決まったら、キャッシングの申し込みをします。
申し込み方法は営業窓口に出向いて申込用紙に記入・提出するものとインターネットの申し込み専用フォームに入力するものがあります。

申し込みをした後は、金融機関の審査が行われます。
審査の所要時間は会社によって異なりますが、即日完了する会社も多くあります。

金融機関の審査で融資可能と判断されれば、資金の融資を受けることができるようになります。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングの審査

キャッシング利用において、融資を受けるためには金融機関が実施する審査を受ける必要があります。

キャッシングにおける審査とは一体何なのでしょうか。
今までも審査という言葉は頻繁に出てきていますが、ここで審査とは何かについて述べておきたいと思います。

キャッシングは基本的に担保なし・保証人なしで融資を行っています。
ということは、借り手の信用が何よりも大切になってきます。

借り手がきちんとお金を返済する能力があるのかどうかを判断するために金融機関が行うのが審査なのです。
お金を返済する能力があるかどうかの判断方法は各社異なりますが、一般的に借り手の他社での借入れ・返済状況や勤務形態・年数、また住居の形態などについてチェックされるようです。

チェック項目や基準は各社さまざまです。
この審査によって融資可否の判断がされるだけでなく、融資可能な場合の融資限度額などが決められることになります。

キャッシング・ローン原論
http://kyasshingu.info/
posted by キャッシング基本研究家 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシング審査に必要な書類

キャッシング審査とは、借り手の返済能力を判断するために実施するものだということは先に述べたとおりですが、金融機関がキャッシング審査を進めるために借り手が提出しなくてはならない書類があります。

提出書類の種類や提出のタイミングは各社で異なっていますが、基本的には住所の確認ができる身分証明書と収入を証明する書類が挙げられます。
身分証明書として認められるのはパスポート・運転免許証・住民票の写し・各種保険証などです。

住民票以外は必要な箇所をコピーして提出します。
続いて収入を証明する書類ですが、収入を証明する書類は融資額が50万円を超えるキャッシングを利用する場合に必要になります。
収入を証明する書類としては、会社に勤務している人は源泉徴収票・給与明細・課税証明のいずれかのコピーが挙げられます。

自営業の場合には、税額通知書・課税証明・確定申告・所得証明書のいずれかのコピーを提出することになります。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

キャッシングはどんな審査をするの?

キャッシングの審査とは何か、審査に必要な書類とは何かということについて説明をしてきましたが、必要書類を受け取った後に、金融機関はそれらの書類をもとにどのような審査を行っているのでしょうか。

何度も述べてきたようにキャッシング審査の内容は各社で異なります。
ある会社で融資を断られたとしても、別の会社では融資を受けられる場合もあります。
審査内容については事前に比較し、確認しておくと良いでしょう。

各社で異なる審査ですが、大まかな部分については共通しています。
キャッシングの審査で最も重要視されるのは、職業・年収・利用歴と言われています。

職業というのは、簡単に言うと勤務形態のことを指します。
公務員・正社員・自営業・派遣・アルバイトなどの区分のことです。

利用歴とは、他社での借入れ・返済状況のことや、破産経験の有無などのことを指します。
金融機関はこれらの情報をもとに総合的な審査を行うわけです。

女性限定レディースローンドットコム
posted by キャッシング基本研究家 at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシング審査基準

キャッシングの審査では、職業・年収・利用歴などについて、各社で定めている基準をクリアしているかどうかをチェックしています。


では、具体的にそれぞれの項目がどうなっていれば良いのかについて見てみたいと思います。




まず職業についてですが、やはり返済能力があるとされるのは安定した企業に勤めていたり、公務員のようにある程度の収入が保証されている方が評価が高いとされています。

返済計画も立てやすく安心して融資ができるのでしょう。




利用歴については、現在の他社での総借入れ額・借入れ件数が最も重要なチェックポイントになります。

他社での借入れが多い人は評価が低くなってしまいがちです。

しかしながら、他社での借入れに対してきちんと返済をしているという実績があればあまり問題にはならないようです。




その他には住居形態などについても審査が実施されています。

持ち家の人が最も評価が高いとされています。




各社さまざまではありますが、上記のような基準をクリアすれば融資を受けることができます。

キャッシングの利用を考えている場合は、信用を失うような問題を起こさないよう常に気をつけておく必要があります。




キャッシング・ナカノ(創業37年!)



posted by キャッシング基本研究家 at 21:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

目的ローンとは?

キャッシングとは無担保・無保証人で金融機関から一時的にお金を借りることです。
大変気軽に利用できるので、最近は多くの人がキャッシングを利用しています。

早いところでは即日資金融資を受けることができるので急にお金が必要になった人などには重宝されています。
キャッシングには大きく分けて2つの種類があります。フリーローンと目的ローンです。

フリーローンは、借入れた資金を借り手が好きな用途に使えるものです。目的ローンはその逆で、借入れた資金を決められた目的のためだけに使うものです。
資金の用途が決められているということで低めの金利で融資を受けることができます。

目的ローンは、資金の利用目的に合わせてさまざまな商品が提供されています。
提供されている商品は各社で異なっていますが、トラベルローン、住宅ローン、自動車ローン、事業者ローン、不動産担保ローンなどがあります。
posted by キャッシング基本研究家 at 22:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラベルローン

キャッシングの目的ローンとして提供されている商品個々について詳細に見ていきたいと思います。
まずは、トラベルローンについて説明します。

海外旅行や国内旅行に行きたいけれど費用が足りずに困っている場合などにはこのトラベルローンを利用すると便利です。
トラベルローンでは、旅行資金の不足分など旅行のための資金を融資してもらえるのです。

つまり、利用目的を旅行に限定されたキャッシング商品ということです。
トラベルローンには、色々な特典がついてくる商品も提供されています。
例えば、トラベラーズチェック発行手数料や外貨両替手数料などが割安になるものなどがあります。

金利が優遇されるものなどもあったり、金融機関各社でさまざまな付加サービスが提供されています。
付加サービスが多いため、利用にあたってはそれなりに厳しい条件が設定されていますが、大変利便性の良い商品ですので、どのような特典がついてくるのかなども調べて商品を選択すると良いでしょう。
posted by キャッシング基本研究家 at 22:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

申込画面

参考になりそうな画像を見つけました











posted by キャッシング基本研究家 at 15:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

住宅ローン

キャッシングの目的ローンには住宅ローンというものもあります。

住宅ローンについてはよく耳にするので、何となく意味は分かりやすいかと思います。
住宅を購入するには大変多額な資金が必要になります。
自分が持っている資金だけでは足りないことがほとんどだと思います。

そのようなときにこの住宅ローンを利用して、住宅購入資金について融資を受けることができます。

住宅ローンは住宅を購入するための資金を融資してもらうと述べてきましたが、住宅ローンは新築購入以外にも、中古の一戸建てやマンションを購入する場合や、併用住宅を購入する場合、住宅購入に際して必要となる費用などにも適用されています。

併用住宅とは、事務所・店舗・共同住宅などのことを指します。
一般的に、住宅ローンは非常に多額の資金を借入れることになりますので、返済計画をしっかりと立てておく必要があります。
posted by キャッシング基本研究家 at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車ローン

続いて、キャッシングの目的ローンのうち自動車ローンについて見ていきたいと思います。

こちらも住宅ローン同様大変よく耳にすると思いますし、大変身近なものとして認識されていると思います。
自分の車がほしいと思っても車も決して安いものではありません。

自分の車を購入するときの資金を融資してもらうのが自動車ローンです。
今までは自動車ローンは販売店で組むというのが一般的な方法でしたが、今では各金融機関で取り扱われていますし、インターネットでの申し込みも可能になりました。

また、資金の使い道も新車・中古車の購入資金として利用できるほかに、カーナビやホイール等の車に付属する機械等のグレードアップ費用、免許取得のための費用、車検のための費用などさまざまな用途で融資を受けることができます。

自動車ローンにも優遇サービスが提供されている商品があります。
例えば、ハイブリッド車や電気自動車などの低公害車であれば優遇金利を適用してもらえるサービスなどです。
posted by キャッシング基本研究家 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05_事業者ローン.txt

今まで挙げてきたローンは馴染みのあるものが多かったと思いますが、キャッシングの目的ローンには事業者ローンというものがあります。

これは対象者が絞られている商品のため普段利用する機会はあまりないと思います。
事業者ローンとは、ビジネスローンとも呼ばれているのですが、中小企業や個人事業主のために資金を融資する商品のことです。

このローンを利用する人としては、会社の経営者や、商店主、SOHOなどの個人経営者などを挙げることができます。
事業や商売をしていると、資金面で色々な心配事が出てくるものです。

新しい設備を購入したい、ビジネスチャンスが到来したがすぐに出せる資金がない、何かあったときのための予備資金を準備しておきたいなど挙げるとキリがありません。

銀行で融資を受けようとすると審査に時間がかかってしまいますが、事業者ローンを利用すると、先ほど挙げたような急な出費や予備資金にも対応することができるのです。
posted by キャッシング基本研究家 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

不動産担保ローン

不動産担保ローンというものもあるのですが、これもキャッシングのローンのうちの1つです。
不動産担保ローンというのは、手持ちの不動産や知人より提供された不動産を担保にして資金の借入れを行うものです。

このローンでは融資を受けた資金の使い道は特に限定されていないのが一般的ですので、借入れた資金を自由に使うことができます。
また、不動産を担保にしていることで借入れ期間を長く設定することができますので、月々の返済額を抑えることが可能です。

不動産ローンの特徴としては、長期返済のほかに不動産を担保にするということで、通常のキャッシングローンでは借りることのできない数億円という金額までの借入れが可能な点が挙げられます。

融資限度額が高額になると言っても、限度額の判断は担保となる不動産の評価額をもとに行われますので、不動産の評価があまり高くない場合には、高額の融資を受けることができません。
仮に高額の融資を受けることができたとしても、金利が高く設定されることがあります。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融系キャッシング

キャッシングローンの種類について、主な商品の特徴を見てきました。
キャッシングは大変身近なもので、気軽に利用することができますが、キャッシングサービスはどのような企業が提供しているのでしょうか。

キャッシングサービスを提供している金融機関は複数種類ありますので、順番に見ていきたいと思います。
まず1つめに挙げられるのはよくテレビコマーシャルでも目にする消費者金融です。

消費者金融が提供しているキャッシングサービスのことを、消費者金融系キャッシングと言います。
消費者金融にはプロミス・アコム・レイクなどテレビでよく見かける企業が名を連ねています。

消費者金融系キャッシングのメリットである審査の早さ、デメリットである金利の高さを考えると、緊急に資金が必要になった場合や、借入れ後すぐに返済できる場合の利用に向いていると言えます。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

\銀行系キャッシング

消費者金融のほかに、銀行でもキャッシングサービスを提供しています。

このように、銀行が提供しているキャッシングサービスのことを銀行系キャッシングと呼びます。

銀行が提供しているキャッシングサービスについても、テレビのコマーシャル等で目にすることは多いと思いますが、三菱東京UFJ銀行グループが提供しているDCキャッシュワン、三井住友銀行のアットローン、新生銀行のノーローンなど多くのサービスが提供されています。

提供主が一般的に広く知られた銀行ですので、借り手は安心してキャッシングサービスを利用することができるのではないでしょうか。
消費者金融系キャッシングは緊急で資金の融資が必要な人で、借入れ期間が短期の人に向いていると述べましたが、銀行系キャッシングはどちらかというと長期の借入れを考えている人に向いています。

というのは、銀行系キャッシングには審査は少し時間がかかる傾向にあるのと、金利が抑えられているという特徴があるからです。
急ぎで資金が必要でなければ審査期間が少々長くても特に問題はありませんし、金利が抑えられていれば長期間の借入れでも無理なく返済ができます。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

信販系キャッシング

続いて、信販会社が提供しているキャッシングサービスである信販系キャッシングについて見ていきたいと思います。

オリックス・クレジット株式会社のオリックスVIPローンカード、株式会社ジェーシービーのJCB
ファーストローンプラス、株式会社クレディセゾンのセゾンカードローンなど大手信販会社が多くのキャッシングサービスを提供しています。

信販系キャッシングは申し込みをするとショッピングにもキャッシングにも利用できるカードが発行され、借入れも返済も銀行やコンビニで気軽に行うことができる利便性が特徴です。
融資限度額や金利については、銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングの中間的な立場であると言われていますが、金利帯も融資限度額も大小様々で一概に述べることはできません。

信販系キャッシングには優待サービスが付帯している商品が多く提供されています。
信販会社のグループ企業が提供しているレンタカーサービスやホテルなどが優待価格で利用できる特典などもありますので、利用時にはどのような優待サービスが付帯しているのかも見てみると良いかもしれません。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IT系キャッシング

最近の技術進歩を受けて勢力を伸ばしているのが大手IT企業グループが提供するキャッシングサービスであるIT系キャッシングです。

楽天クレジット株式会社のマイワン、ソフトバンクグループのイコールクレジットNEOなど大手のIT企業グループばかりです。
クレジットカードなどは年会費がかかるものが多いですが、IT系キャッシングでは入会金や年会費が無料のものがほとんどです。

IT系キャッシングは大手IT企業の強みであるIT技術を駆使し、経営のコストを抑えています。
例えば、申し込みから融資・返済までをインターネット上で行うことができるようにすることで、店舗を作ることなく運営することができているのです。

その低コストのおかげで、金利を低く抑えることが可能になっています。
店舗はありませんが、キャッシュディスペンサーやATMなどの提携がありますので、他の金融機関に引けをとることはありません。

また、消費者金融系などと提携している商品も多くあり、インターネット上で好きなタイプの融資を受けることができるようになっています。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。