2008年10月04日

キャッシング審査に必要な書類

キャッシング審査とは、借り手の返済能力を判断するために実施するものだということは先に述べたとおりですが、金融機関がキャッシング審査を進めるために借り手が提出しなくてはならない書類があります。

提出書類の種類や提出のタイミングは各社で異なっていますが、基本的には住所の確認ができる身分証明書と収入を証明する書類が挙げられます。
身分証明書として認められるのはパスポート・運転免許証・住民票の写し・各種保険証などです。

住民票以外は必要な箇所をコピーして提出します。
続いて収入を証明する書類ですが、収入を証明する書類は融資額が50万円を超えるキャッシングを利用する場合に必要になります。
収入を証明する書類としては、会社に勤務している人は源泉徴収票・給与明細・課税証明のいずれかのコピーが挙げられます。

自営業の場合には、税額通知書・課税証明・確定申告・所得証明書のいずれかのコピーを提出することになります。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングの審査

キャッシング利用において、融資を受けるためには金融機関が実施する審査を受ける必要があります。

キャッシングにおける審査とは一体何なのでしょうか。
今までも審査という言葉は頻繁に出てきていますが、ここで審査とは何かについて述べておきたいと思います。

キャッシングは基本的に担保なし・保証人なしで融資を行っています。
ということは、借り手の信用が何よりも大切になってきます。

借り手がきちんとお金を返済する能力があるのかどうかを判断するために金融機関が行うのが審査なのです。
お金を返済する能力があるかどうかの判断方法は各社異なりますが、一般的に借り手の他社での借入れ・返済状況や勤務形態・年数、また住居の形態などについてチェックされるようです。

チェック項目や基準は各社さまざまです。
この審査によって融資可否の判断がされるだけでなく、融資可能な場合の融資限度額などが決められることになります。

キャッシング・ローン原論
http://kyasshingu.info/
posted by キャッシング基本研究家 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングまでの流れ

キャッシングについて、特性や企業の説明をしてきました。
特性や企業をよく調査して、自分に合ったキャッシングサービスを利用するわけですが、実際にキャッシングを利用する場合、どのような手順で融資を受けることができるのでしょうか。

まずは、自分の目的に合わせて金融機関と商品を選びます。
各社多種多様な商品を提供しているのでしっかり比較して一番良いものを探します。

商品が決まったら、キャッシングの申し込みをします。
申し込み方法は営業窓口に出向いて申込用紙に記入・提出するものとインターネットの申し込み専用フォームに入力するものがあります。

申し込みをした後は、金融機関の審査が行われます。
審査の所要時間は会社によって異なりますが、即日完了する会社も多くあります。

金融機関の審査で融資可能と判断されれば、資金の融資を受けることができるようになります。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。