2008年10月10日

05_事業者ローン.txt

今まで挙げてきたローンは馴染みのあるものが多かったと思いますが、キャッシングの目的ローンには事業者ローンというものがあります。

これは対象者が絞られている商品のため普段利用する機会はあまりないと思います。
事業者ローンとは、ビジネスローンとも呼ばれているのですが、中小企業や個人事業主のために資金を融資する商品のことです。

このローンを利用する人としては、会社の経営者や、商店主、SOHOなどの個人経営者などを挙げることができます。
事業や商売をしていると、資金面で色々な心配事が出てくるものです。

新しい設備を購入したい、ビジネスチャンスが到来したがすぐに出せる資金がない、何かあったときのための予備資金を準備しておきたいなど挙げるとキリがありません。

銀行で融資を受けようとすると審査に時間がかかってしまいますが、事業者ローンを利用すると、先ほど挙げたような急な出費や予備資金にも対応することができるのです。
posted by キャッシング基本研究家 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車ローン

続いて、キャッシングの目的ローンのうち自動車ローンについて見ていきたいと思います。

こちらも住宅ローン同様大変よく耳にすると思いますし、大変身近なものとして認識されていると思います。
自分の車がほしいと思っても車も決して安いものではありません。

自分の車を購入するときの資金を融資してもらうのが自動車ローンです。
今までは自動車ローンは販売店で組むというのが一般的な方法でしたが、今では各金融機関で取り扱われていますし、インターネットでの申し込みも可能になりました。

また、資金の使い道も新車・中古車の購入資金として利用できるほかに、カーナビやホイール等の車に付属する機械等のグレードアップ費用、免許取得のための費用、車検のための費用などさまざまな用途で融資を受けることができます。

自動車ローンにも優遇サービスが提供されている商品があります。
例えば、ハイブリッド車や電気自動車などの低公害車であれば優遇金利を適用してもらえるサービスなどです。
posted by キャッシング基本研究家 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン

キャッシングの目的ローンには住宅ローンというものもあります。

住宅ローンについてはよく耳にするので、何となく意味は分かりやすいかと思います。
住宅を購入するには大変多額な資金が必要になります。
自分が持っている資金だけでは足りないことがほとんどだと思います。

そのようなときにこの住宅ローンを利用して、住宅購入資金について融資を受けることができます。

住宅ローンは住宅を購入するための資金を融資してもらうと述べてきましたが、住宅ローンは新築購入以外にも、中古の一戸建てやマンションを購入する場合や、併用住宅を購入する場合、住宅購入に際して必要となる費用などにも適用されています。

併用住宅とは、事務所・店舗・共同住宅などのことを指します。
一般的に、住宅ローンは非常に多額の資金を借入れることになりますので、返済計画をしっかりと立てておく必要があります。
posted by キャッシング基本研究家 at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。