2008年10月19日

キャッシング限度額

キャッシングでは、こちらが要求すればいくらでも際限なく融資が受けられるわけではありません。

もちろん各社各商品において、また借り手の状況によって融資可能な限度額というものが設けられています。
各社の商品の紹介などを見てみると融資可能な額は50万円〜100万円のように幅を持たせて記載されていることが多いと思います。

このように幅を持たせて記載されているのは、借り手の状況によって融資できる金額が異なるからなのです。
キャッシングとはその借り手の信用を担保にして融資を受けるシステムです。

貸し手としてはキャッシングの利用者がかならず返済をしてくれるのかどうかというところを重視しています。
ですから、今までキャッシングの利用歴のある人がしっかりとした返済実績を持っていれば、融資をしてもきちんと返済してくれるだろうと判断し、その商品の融資額の範囲内で高めの金額を融資限度額としてくれるのです。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無利息キャッシング

キャッシングを利用するのは簡単ですが、借りた額をそのまま返済すれば良いのではなく、かならず借入れた額に利息分の金額を上乗せした額を返済することになってしまいます。

特にかなり短期間の借入れの人などは、利息がなければ良いのにと思ってしまうのも正直なところでしょう。
そのようにごく短期間で返済ができる人のために、ある決められた期間内に全額返済すれば利息は払わなくて済む無利息キャッシングというサービスも提供されているのです。

この利息を払わなくて良い期間のことを適用期間と呼んでいるのですが、無利息キャッシングの商品ごとにこの適用期間は異なっています。

借入れ後どの程度で全額返済可能かを考えて、無利息キャッシングの商品を選択するようにしましょう。

もし適用期間内に返済できない場合には、適用期間を過ぎた日数分の利息は返済額に上乗せされることになりますので注意が必要です。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生ローン

女性向けのキャッシング商品もあれば、収入のない学生向けの学生ローンという商品も提供されています。

通常のキャッシングを利用する場合には、一般的にはしっかりとした収入があることが融資を受けるための条件になっています。
しかしながら、キャッシングの利用を望んでいるのは社会人だけではなく学生も多く見られます。

学生も教材購入や旅行のための費用など、一時的にまとまった資金が必要になることがあります。
通常のキャッシングはなかなか利用できない学生のために提供されているのが学生ローンなのです。

学生は基本的に固定収入はありませんので、融資限度額は低めですが、借入れ期間を長めに設定できたり、学生用の優待金利で利用できたりという特典もあり、アルバイト収入がメインの学生には大変心強い商品であると言えます。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。