2008年10月11日

不動産担保ローン

不動産担保ローンというものもあるのですが、これもキャッシングのローンのうちの1つです。
不動産担保ローンというのは、手持ちの不動産や知人より提供された不動産を担保にして資金の借入れを行うものです。

このローンでは融資を受けた資金の使い道は特に限定されていないのが一般的ですので、借入れた資金を自由に使うことができます。
また、不動産を担保にしていることで借入れ期間を長く設定することができますので、月々の返済額を抑えることが可能です。

不動産ローンの特徴としては、長期返済のほかに不動産を担保にするということで、通常のキャッシングローンでは借りることのできない数億円という金額までの借入れが可能な点が挙げられます。

融資限度額が高額になると言っても、限度額の判断は担保となる不動産の評価額をもとに行われますので、不動産の評価があまり高くない場合には、高額の融資を受けることができません。
仮に高額の融資を受けることができたとしても、金利が高く設定されることがあります。
posted by キャッシング基本研究家 at 20:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。