2008年10月22日

不動産担保ローン

不動産を担保にしてキャッシングローンを組むと、ある程度のまとまった融資を受けることができます。
これを不動産担保ローンといいます。

担保にする不動産の価値によって金利や融資額などが決まってきます。
不動産の評価に関しては、その評価の満額を融資してもらえるわけではありません。
しかし、評価によってはかなり多額のローンも可能です。

金利は10パーセント程度から上は20パーセント程度まで設定してあり、通常の消費者金融ほどではありません。
ローンの期間も長めに設定してあります。

金利のほかに手数料やその他の諸費用がかかるので、その分もしっかり計画に入れておかなくてはいけません。
不動産を担保に取ると言うことは、もし返済ができなくなってしまったら、その不動産が売却されてしまうと言うことになります。
そういうリスクも頭に入れて、ローンを組むべきでしょう。
posted by キャッシング基本研究家 at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。