2008年10月22日

キャッシングの審査基準−個人の信用情報に関すること

キャッシングする場合の審査基準のうち、一番重要視されているのが個人信用情報です。
融資会社の形態によってそれぞれ設置されている個人信用情報機関から提供される情報のことを言います。

融資を受けようとする会社以外に何件の会社から融資を受けているか、借入額はどれくらいか、そこでの支払いや過去のローンなどの支払いが遅れていないかなどが主な個人信用情報になりますが、これらは融資する会社にとってかなり重要な審査基準です。

利用者が多重に債務を抱えると、貸し倒れになる可能性が大きくなります。
融資する会社はそれを未然に防がなければいけません。

何社から借りていても、支払いが滞っておらず、きちんと返済できていれば問題はありません。
しかし返済の遅れや債務整理、自己破産などがあれば審査基準をクリアするのは非常に難しくなります。
キャッシングする際は、以上のことを把握しておいたほうがいいでしょう。
posted by キャッシング基本研究家 at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。