2008年10月22日

キャッシング審査に必要な書類とその信頼性

キャッシング審査に必要な書類として本人を確認できる身分証明書の提出が必須になります。
キャッシングは信用取引ですので、提出する書類は信頼できるものでなければいけません。
多くの詐欺や事件が起こっている現代では、特にその傾向が強くなります。

キャッシングに必要な身分証明書の重要な役割としては、まず申込をする人が本人であることを確認することにあります。

身分証明書によって、申込申請フォームに記入した住所が実際の現住所であることを確認することもできます。
身分証明書として認められているものとして、運転免許証や健康保険証が一般的です。
他にも住民票やパスポート、年金手帳などがあります。
ただし住民票は運転免許証や健康保険証に比べ、信頼性は低くなります。

なぜなら、住民票は印鑑さえあれば誰でも取得可能だからです。
また健康保険に入っていない場合も考えられ、いろいろなリスクを伴うからです。
posted by キャッシング基本研究家 at 21:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。